履歴書

じゃあ履歴書と職務経歴書を見せて

もちろん転職エージェントは敬語で話していましたが、学生時代に先生からレポートの提出を求められたような気分になりました。

前回までの内容

しかし、自分は転職活動2回目!履歴書と職務経歴書のデータ(3年前)は残っており、手直しすれば使えるはず…と、その前に履歴書と職務経歴書の違いと役割を再確認しておきましょう。

履歴書

履歴書は「自分の経歴や資格、応募理由などを簡潔に記した書類」です。就職活動やバイトの面接で書いたことがあるのではないでしょうか?

パソコンで作ってもいいですし、手書きしても構いません(自分は履歴書メーカーを使って履歴書を作成した後、手書きで清書しました。書道をやっていたので、今まで手書きの履歴書を渡すと評判が良かったからです)

ただし転職の場合、転職理由についてはしっかり考えなければいけません。会社への不満や人間関係のトラブルではなく、結婚・子供や親の世話などの家庭事情や、将来のビジョン・強い志望動機など前向きな理由にしましょう。

正当な転職理由は、面接や条件交渉でも有利に働いてくれます。自分は親の世話と子育てを理由として使いました(実際、そうだったので…)面接では「それは大変だね~だから給料アップを希望しているんだね」と理解してもらえました。

職務経歴書

職務経歴書は「自分がこれまでどんな仕事をしてきたのか?どんな資格や技術を持っているのか?を詳細に記した書類」です(自分は職務経歴書メーカーで作成しました)

  • 認定薬剤師
  • 店長経験
  • 複数診療科での経験
  • 学会への参加経験
  • パソコン・電子機器の知識

上記のような内容を自分は職務経歴書に盛り込みました。ここで面白いのは、企業によって注目されるポイントが違ったことです。

会社の人事部が面接を行うような企業では資格や役職が評価されましたが、社長や専務が面接を行うような小さい会社では経験や技術について興味を持ってもらえることが多かったです。

おそらく人事部が採用を行う場合、会社の評価基準と照らし合わせて採用の可否や条件を提示するので、評価項目として数値化しにくい技術や経験はそれほど考慮されないのでしょう。

履歴書・職務経歴書を修正・提出

転職エージェントに履歴書・職務経歴書を手直しして提出したところ、バッチリだと太鼓判を頂きました。夜更かしして何度も修正したかいがありました!

それでは今度こそ面接を待つだけです!まずは地域密着型で十数店舗を経営しているチェーン薬局か…スーツをクリーニングして、靴を磨いておかないと…

中堅薬剤師の転職④地域密着型チェーン薬局へ続く

結論

履歴書は分かりやすく簡潔に、職務経歴書は興味を持ってもらえるよう幅広く。ただし、転職理由は要注意!